猫とB'zをこよなく愛する主婦のひとりごと。 ただいま2度目のアメリカ転勤中。日本大好きなのになぜにまたアメリカ?!の愚痴多めのブログなのでご注意を<(_ _)>
ひとりごと 
2001年04月24日 (火) | 編集 |
4月24日(火)

4月22日の日記にも書いたが、
一時、たいぞうに付き合わされてプレステのサッカーゲーム
「ワールドイレブン」を毎日やっていた。

このゲーム、二人で協力して日本チームを操作し、
強豪南米勢やヨーロッパ勢に勝つのが楽しい。
本当の日本代表ではとても勝てないような強豪に勝てちゃうんだよねぇ

しかも、日本チームは選手の実名を使っているのが面白い。

城彰二 とか 中田ヒデとか、、、

城彰二で点を入れたときなど、二人して手を高く掲げ

「じょーしょーじぃ! \(^o^)/ ちゃちゃっちゃちゃ(手拍子)
じょーしょうじぃ!\(^o^)/ちゃちゃっちゃちゃ(手拍子) 」 

このように声援も忘れない。
ほんと馬鹿夫婦だと思う。

でも、さすがに他の国の選手には許可を取っていないらしく名前が微妙に違う。

たとえば 

      ブラジル代表 ロナルド → ゲーム上 ロナウド
 
      アルゼンチン代表 バティストュータ→ ゲーム上 バテストウタ


もともとあまり知らない国の選手など、ゲームの名前で覚えてしまったので、
たまに困る。

ノルウェーの「トーレ アンドレ フオー」なんて知らないでしょ?
この人、本当の名前はなんなんだろ?ゲームの名前しか知らないんだよねぇ。

フランスチームに頭がはげている人がいて、こやつがゲームの中でもとても上手い。
みかろうは「このハゲおやじ!」とゲームをやりながらぼろくそに言っていたのだが、
その人は フランスキャプテン ジダンだった。

今日の日記はサッカー好きじゃないと分からないだろうなぁ。今度は野球ネタ書こうっと。



*今日のチョコエッグ*

うさぎGET!
猫は出ない・・・


ひとりごと
2001年04月22日 (日) | 編集 |
4月22日(日)

たいぞうとみかろうはゲーマーです。ずいぶん昔の日記にも書きましたがプレステをやっているときの二人は本当に仲良しです。
( 11月16日の日記参照)

でも実は、たいぞうのしつこさに少し閉口しているみかろう・・・
たいぞうって、好きなゲームがあるとそればっかりやるんですよ。

この半年間、たいぞうは「ウィニングイレブン」というサッカーゲームにはまっています。

みかろうは一ヶ月で「ウイニングイレブン」に飽きたのですが、
たいぞうは一人で黙々と練習に励んでいました。

そして先月、たいぞうの練習の成果を発揮するときがきました。

我が家で「ウイニングイレブン トーナメント試合」を開催したのです。

メンバーはたいぞうの同僚たち3人。やはりこのゲームにはまっている人たちです。

たいぞうを含めた4人はそれぞれ好きな国を選択しました。

たいぞう → 日本
Aくん  → カメルーン
Bくん  → ブラジル
Cくん  → アルゼンチン

4人はビール片手に「お互いフェアな試合をする」ことを誓い合いゲームをはじめました。

大の大人が4人。

「しゅーとぉぉおぉ!」
「ゴーーーーーォォォォ~~るぅぅぅ」と吠えまくり
真剣にサッカーゲームをしていました。

その光景は異様でした(笑)

特にたいぞうとAくんの試合は手に汗握る試合で
「エムボマ行けーーー」
「楢崎ナイスセーブじゃぁぁぁ」と一喜一憂していました。

そして練習の成果なのでしょう。
なんとたいぞうが優勝しました!

たいぞうのあんなにうれしそうな顔を見たのは久しぶりでした。

しかしこの話にはオチがあります。

みかろうは4人が試合している間、仲間に入らずにずーっと見ていたのですが、所詮ゲーマー・・・
「私もやらせてくれ」とお願いし、チャンピオンたいぞうに挑戦しました。

そして、
みかろうが勝ってしまいました!(爆)

Aくん、Bくん、Cくんは「奥さんチャンピン!!」とはやしたて、たいぞうはガックリ肩を落としていました。

ふふふ、みかろうに勝とうなんて一年早いさぁ!うわはははははは


 
ひとりごと
2001年04月13日 (金) | 編集 |

4月13日(金)

「老い」って残酷だと思う。
どんなに若ぶっても、30代という年齢は隠しようがないんだよね・・

今年は80年代のファッションが復活している。

柄は水玉、ボーダー。
色は白、紺、赤。
スカートは裾をふわっとさせたフレアで
ウエストを太いベルトでマークするのがポイント。

時代はまた「爽やかだけどちょっとセクシー」路線に戻ったのだ。

洋服売り場をブラブラ見ていると「こうゆう服持ってたなぁ。。」と懐かしく感じ、ついそれを試着してしまう。

自分の中ではそうゆう服を着ていた10年前の姿を想像して着てみるのだが、鏡に映っているのは紛れもなく10年後の姿・・

似合っていた洋服が似合わなくなっているのだ。

体重は変わっていないのに、若いころのように身体がスッキリしていない。

どんなにウエストマークしてもどことなく野暮ったく感じるのは気のせいだろうか?

そして「無理してる」ように見えるのは錯覚だろうか?(^^;

試着室の外で「お客様いかがですか?」と店員が声をかける。
仕方なく試着室のドアを開け、外に出る。。

「まぁ、お似合いですよぉ!(^O^;)」

ウソつくなーーー顔がひきつってるじゃないかー?!

 
ひとりごと
2001年04月10日 (火) | 編集 |

4月10日(火)

昨日のたいぞう 同じ会社のA君との会話

た 「やっと我が家にも家族が増えることになったよ」

A 「え??そうなんですかー?おめでとうございます!
   お祝いしますよ!!男と女どっちでしょうねぇ?」

た 「あ、男なんだ。2月28日生まれのシルバーダビー」
   
A 「え?2月28日生まれ?そうだったんですか??
   知らなかったなぁ。。(シルバーダビーってなんだろう?)」

た「もう歩けるんだよねぇ。。四足だけど。。。。ニヤニヤ」

A「、、、、(^^;  たいぞうさん、、、
  子供が生まれたんじゃないんですか?もしやペットですか?」

た「ん?そうだよ」

A「なんだよーーー!!騙されたよーー (`-_´メ)」

た「別にだましてないぞ。君が勝手に間違えただけだろう」

A「確かにそうですけど、、普通人間の子供だと思うよな。。ブチブチ・・」

このように後輩をからかって遊んでいるそうです(笑)

ひとりごと
2001年04月09日 (月) | 編集 |

4月9日(月)

とうとううちに来る猫が決まりました!

2月28日生まれのアメリカンショートヘアの男の子です。

まだ小さすぎて親猫と離せないので、我が家にくるのはGW明けになりそうです。
みかろうは猫の餌代を稼ぐために今まで以上に働かなくてはいけません。

みかろうが猫を決めるまで

1. 共働きでも猫が飼えるだろうか?と、のりりんさんのHPで質問する。

2. のりりんさんや、michiyonさんより「共働きでも大丈夫♪」と
  回答をもらう

3. それを聞いたみかろうは本気で猫を探し始める。

4. みかろうに影響され、たいぞうも猫を飼うことを了承する

5. のりりんさんの猫「グミちゃん」の弟が生まれたよ、という情報をもらう。

6. のりりんさんから教えてもらったブリーダー
  「キャッテリーみーの」さんに問い合わせメールを出す。

7. 3匹中2匹は既に予約済みで、残りは1匹、と教えてもらう。

8. 「キャッテリーみーの」の場所が我が家から近かったので、
  その週末に見学に行くことにする

そして、昨日の4/8(日)
「キャテリーみーの」で私たちを迎えてくれたのは、
母猫のオッパイを元気に飲んでいる3匹の小さい子猫ちゃんたちでした。
そして売れ残っていた(笑)子猫ちゃん、
通称「チュッ(ブリーダーさんはそう呼んでいた)」を見せてもらい、
その場で即決しました!

デジカメを持っていないので、写真を撮れなかったことがとても残念でした。

今年はデジカメも購入予定なので、画像UPしますね。お楽しみに(o^-_^o)

ひとりごと
2001年04月06日 (金) | 編集 |
4月6日(金)

我が家は社宅時代から緑が多い家です。
今のマンションも、とても日当たりがいいので、社宅から一緒に引っ越してきた「緑たち」も生き生きしています。

もともとみかろうは、庭いじりの大好きな祖父と同居し、しかも「おじいちゃん子」だったため、祖父が植木屋に行くときは必ず一緒についていきました。
幼稚園のアルバムに、将来の夢は「花屋(植木屋)さん」と書いているのですから、よほど好きだったようです。

そうそう、「花壇花壇花壇♪お花を大切に~♪」というCMも全部歌えましたよ。
(こんな歌詞じゃなかった?違っていたらごめんね。)
     ↓
「これはアブラムシの子供。これは花の色が悪くなる葉ダニー
 黒いしみの黒星病ー白いカビのうどん粉病ー
 カッパン病は、葉を枯らすのですっ (タララー)
 花壇花壇花壇♪お花を大切に~♪
 花壇花壇花壇♪お花を大切に~♪」

このCMを知っている人は、同年代もしくは年上ですね?(笑)

しかし、確かに植木は好きだったのですが、みかろうの場合、美的センスがないのが欠点でした。
野原に生えている雑草を根っこごと取ってきて庭に埋めたりしていました。
草むしりをした庭に、孫が雑草を植えていたのを祖父は知っていたのでしょうか?(笑)

その後、中学、高校、短大、OL・・・
部活や遊び(あれ?勉強は?)に忙しく、植木いじりは全くしていませんでしたが、
結婚と同時に、みかろうの植木屋魂が再燃しました。

今ある植物たちは
ベンジャミン、パキラ、ポトス、オリヅルラン などなど。。。。
「葉っぱもの」はとても元気にスクスク伸びています。

しかしなぜか「お花」の種類がうまくいきません。

この春、ベランダも広くなったことだし、パンジー、マリーゴールド、サフィニアなど、、、、、
安くて花の咲く苗をちょこちょこ買い足しています。
しかしやっぱり美的センスがないので、色がバラバラ。。。。
素敵なガーデニングには程遠いです。。。

あと最近気づいたのですが、みかろうは今まで「肥料」の存在を全く無視していました(^^;
だから妙にひょろひょろ背だけ伸びて、花がつかなくなるんですね。。。
週末に肥料の買出しに行ってきます。

みなさんも一緒にガーデニングはじめませんか?

P・S
marumushiさん読んでますか?
日陰でも育つ植物「インバチェンス」購入しました。
さっそく北側のベランダに置いてみましたが、とても綺麗なお花なので、ついリビングに持ってきてしまいました。
結局北側のベランダは殺風景のままです。

 
ひとりごと
2001年04月02日 (月) | 編集 |
4月2日(月)

リンクしてもらっている「あすかさん」の日記を読んで、思い出したことがあります。
御飯前の方は読まないほうがいいかな。。。(いや、そうでもないかな?)

みかろうは中学生のとき、部活動でバレーボールをやっていました。

みかろうが生まれ育った千葉県船橋市は、人口が多い分、中学校の数も多く、バレーボールもとても盛んでした。
よく練習試合や大会があり、みかろうもその日のために一生懸命練習に励んでいました。

その船橋市に「行田(ぎょうだ)中学校」と「海神(かいじん)中学校」という学校がありました。(今でもあるのでしょうか?)

大会や練習試合時には、みんなで声を合わせて応援をするのですが、この二つの学校の応援がおかしかったんです。

「行田中」→行中(ギョウチュウ)ファイトォー 
      ファイトファイト 行中(ギョウチュウ)♪ 

「海神中」→海中(カイチュウー)ゼィッ、オー!ゼィッ、オー!ゼィッ、オーー!

行田中も海神中もバレーボールが強い中学でしたが、
この両校が試合をするときはあっちこっちで

「ギョウチュウ がんばれーーー」
「カイチュウ 負けるなーーー」

と声援が飛んでいました。

みかろうは一年生のとき、この応援を聞きながら
「回虫とギョウ虫ってどっちが強いんだろう?」とニヤニヤしていました。

そのニヤニヤしてるところを先輩に見つかり、怒られ、「立ちんぼの罰」に処せられました。
(試合中も、試合後も、先輩と別れるまで座らせてもらえない刑です)

でもでも、、、
カイチュウとギョウチュウの戦いっておかしいですよね?
なんでみんな笑わなかったんだろう?

P・S
ちなみにみかろうの中学ではないですよ。
みかろうの中学は通称「ナナチュウ」です。