猫とB'zをこよなく愛する主婦のひとりごと。 ただいま2度目のアメリカ転勤中。日本大好きなのになぜにまたアメリカ?!の愚痴多めのブログなのでご注意を<(_ _)>
サラリーマンはつらいよっ 18
2002年02月28日 (木) | 編集 |


次の日、その次の日も、駐在Sさんのシアトル案内は続く。
初日、時差ぼけでヘロヘロだった、たいぞうも
ようやく普通になってきた(笑)

まずは日本食材専門のスーパーUWAJIMAYA(うわじまや)

ここは日本食材が豊富に揃っていて驚いた。
味噌、豆腐、干物などなど・・・

みかろうの大好きな「明太子」も置いてあった。
よし、これで「めんたま丼」作れるな(^。^)
seattle10.jpg




写真はあえて載せないが・・・
怪しいビデオ屋にも連れていってもらった。
そこには日本のドラマや特番のビデオがわんさか置いてあった。

ドラマなんかも、日本で放映された二週間後には、
ビデオとなって到着するらしい。
おかげで駐在Sさんは、
日本にいたころよりもTV通になってしまったらしい。

次に、連れていってくれたところは
日本の書店「紀伊国屋」さん。
一階に日本の本がたくさん置いてあり、
二階には日本のCDが置いてあった。
値段は日本の1.5割増しくらいだが、それは仕方ない。。。
本好きのみかろうにはとっても嬉しいところだ!!
そして二階には、大好きなB’zのCDもあったーーー(T_T)
紀伊国屋さんありがとう!!

そしてシアトルといえばスターバックス!!
これが一号店

seattle4.jpg


ちょっと見えにくいんだけど、一号店だけロゴが茶色いんだよ。
メニューは日本とだいたい一緒。
ただショートサイズがメニューには載ってなかったかな。


ちょっと郊外へ行くと



超有名なドラマ「ツインピークス」の舞台となった滝があったり・・・
seattle8.jpg




こんな景色が楽しめたり・・・・
seattle3.jpg

かといって街中は

こんなふうにビルがいっぱい・・・・
seattle1.jpg

LAのようにテーマパークはないけれど、
住むのには最適の街である、、らしい・・・


それでも、本場のアメリカ人が話す英語はすごく早くて、
みかろうには全く理解できなかったんだけどねぇ。
これも慣れるしかないんだろうねぇ。。。。

結局、シアトル案内のようになってしまったけど、どうかしら??
孤独なみかろうのいるシアトルへ遊びに行ってみるか、って思ってくれたかしら?

是非是非遊びにきてくださいましねぇ(^o^)丿


最後に・・・
浜辺でたたずむたいぞう。。。
彼は何を想ふ・・・??

seattle7.jpg





 
 
サラリーマンはつらいよっ 17
2002年02月28日 (木) | 編集 |


家でほんのちょっと休憩したあと
今度はたいぞうが働くことになる事務所へ案内された。

高層ビルの上のほうの階。
そこに「●●会社 シアトル事務所」はあった。
見晴らしは最高である。

この写真は事務所の窓から撮った
シアトル・マリナーズの本拠地
「セーフィコ・フィールド」
(後ろの黒いほうがそれね。手前の白い屋根はアメフト用のスタジアムを建設中なんだって)

seattle9.jpg


この写真を見てもらうと分かるのだが、
シアトルは本当に天気が悪い。
どんよりと曇っていることが多いそうだ。

さて、事務所。
恐ろしく狭い・・(~_~;)
8畳くらいだろうか??
そこにデスクとキャビネとPCが置いてある。

ここで一人で仕事するたいぞうもかなりつらいに違いない・・・

その後、Sさんはスーパーマーケットや
病院なんかを案内してくれた。
もちろん車。
道は空いているので、走行距離の割には
時間はかからない。

みかろうもアメリカで免許を取って
(最初の一年は日本で国際ライセンスを取っていくけどね)
車をガンガン運転することになるのであろう。
seattle5.jpg



当たり前なんだけど、車は左ハンドルで右側通行なのだ。
幸い「外車好き」のたいぞうのおかげで
日本でも「VWゴルフ」の左ハンドルを運転していたので
克服するのは右側通行だけ。

まっすぐ走ってる間はいいんだけど
右折とか左折とか合流?
これが分からなくなりそう。

うーむ。。事故らないように気をつけねば。

ただ、シアトルの人は本当にマナーが良くて
合流のときも、譲り合いの精神が徹底していた。
そうゆう面では日本よりも安心かもしれない。

そうそう、街を歩いていて驚いたのが
シアトルは白人が多い!!
10人中8人は白人じゃないだろうか?
野球がオフシーズンで観光客も少なかったので
余計にそう感じたのかもしれないのだけどね。

スーパーマーケットで
食品の値段をチェックしてみたら
日本よりも野菜は高かった。
でも飲み物・アルコールは安い。
洗剤や牛乳なども、
日本で売っている大きさとは全然違う。
とにかくBIGである。
日本では売ってないような果物もいっぱいある。

主婦魂爆発!!
写真を撮りたかったが、注意されてしまった・・
店内撮影禁止らしい。

みかろうはその後もかなり元気であったが、
たいぞうは相当グロッキー気味だった。

時差による疲れがピークに達しているらしく
Sさんが一生懸命話し掛けてるのに
「はー・・・やっぱ、でも、、えへ。。そ。そうですね・・・」
などと訳の分からない回答をしている。

**今回一番おかしかった話**

本屋で地図を探すSさんとみかろう。

S「あ、これいいね」
み「あ、ほんとですね。たいぞう、どお?」

その地図を手にとり広げてじっと見るたいぞう

た「うーん・・なんか文字が読みにくくない??」

み「た、たいぞう。。それ逆さまだよ・・(~_~;)」

S「おまえ大丈夫か?・・・・・」

た「・・・・・・・・す、すいません」

ね、この人と2人でアメリカ行くの不安になってくるでしょ?




 

 



 
サラリーマンはつらいよっ 16
2002年02月28日 (木) | 編集 |


2月。
たいぞうが、赴任地へ一週間の出張へ行くことになった。
「奥さんも連れていってあげたら?」と上司が勧めてくれて
私は実費であったが、くっついていくことになった。

みかろうはアメリカ本土初上陸である!!!

もう面倒なので、
赴任地を言っちゃおうかなー(笑)

んふふふふふ。

シアトルである!!
イチローのおかげで、日本でもすっかりメジャーになった。
日本語だと「シアトル」だが
現地の人の発音では
「シアロー」だ。

西海岸でカナダとの国境近く。

マウントレーニアという山。
湖と海。
森。
ボーイングやマイクロソフトなどの大企業。
日本でもお馴染み「スターバックス」発祥の地でもある。

整備された町並み。
アメリカ一雨が多いことでも知られている。

トム・ハンクスとメグ・ライアンの映画
邦題「めぐりあえたら」
原題「Sleepless in Seattle」

興味のある方は見てみてね。
その映画の中でトム・ハンクスが住んでいる街なのよ。

日本からはUA(ユナイテッド アメリカン)と
NW(ノースウエスト)が直行便を飛ばしている。
行きは8時間。帰りは10時間ほどだった。

ちょっとした旅行気分のみかろうは
地球の歩き方「シアトル・ポートランド編」を買い
気分を盛り上げた。

2月1日に日本を出発。
みかろうは3泊5日。
たいぞうは6泊8日である。

シアトルでは、たいぞうと交代で日本に帰る予定の
Sさんが面倒を見てくれることになっていた。

テロの影響とソルトレークオリンピックのために
空港内は厳戒態勢が敷かれており、
搭乗前にも厳しいチェックを受ける。

シアトル空港に到着し、入国審査を受け
(これもまたすごく厳しかった!!)
荷物チェックも受けて、
飛行機が着陸してから一時間半もかかって
ようやく外に出られて、Sさんと会えた。

朝7:00である・・・・

2月1日午後14:00に日本を発ち
その8時間後。
日本人のみかろうは、今は2月1日午後22:00のはずなのだ。
もう眠る準備を始める時間なのだ。

ところがシアトルは2月1日の朝7:00・・・
太陽よ!なぜにそこにある?!
(実際には太陽は出てなかったけどね)

アメリカ西海岸って時差がつらいんだよね・・・

これがただの旅行だったら、
「少し休んでから、、」ということになるのだが
今回は「駐在前の下見」である。
Sさんがみかろうのためにいろいろ計画してくれていた。

まずは車に乗せられ、Sさんが住んでいる家へ案内された。
みかろうたちも本当はここに住む予定であった。
しかし「ペット不可」なのでここには住めない・・

平屋一戸建て庭付き。
土地が余っているアメリカらしい建物だ。
中に入ると、とてもゆったり広々としていて
おなじ4LDKでも日本とはえらい違いである。

家電品や家具も全て揃っている。
この家電品と家具は代々の駐在員が買い揃えたもので
そのまま置いていってくれているものだ。

TVをつければ当然のことながら英語である。
何言ってるのかサッパリ分からない!!!!

昼間、この異国の地で
一人で過ごすのかぁ、、と不安になってしまった。