猫とB'zをこよなく愛する主婦のひとりごと。 ただいま2度目のアメリカ転勤中。日本大好きなのになぜにまたアメリカ?!の愚痴多めのブログなのでご注意を<(_ _)>
サラリーマンはつらいよっ 31
2002年07月16日 (火) | 編集 |

2002年7月16日(火)。
私たちにとっては最後の引越しなのに、
大型台風が関東に迫っていた。

嵐を呼んじゃったねーと苦笑しながら
日通さんを待つ。

今日の引越しは以下のとおり

みかろうの洋服たち→航空便
冷蔵庫→みかろうの友人Kちゃんへ
洗濯機&TV→たいぞうのお兄ちゃんへ
日用品など使いかけのもの→みかろう実家へ
貴重品や渡米後すぐに使うもの→たいぞうとみかろうの手荷物
日本に置いていく家具→トランクルーム
使いかけの調味料や不用品→廃棄!!

9:00に日通さんが現れて作業をはじめる。

今回の日通さんは、面白い人たちばかりだ。
軽い冗談を言いながら、梱包作業を進めていく。

廃棄物も全て日通さんが引き取ってくれるので楽だったが、
思いのほか廃棄物が大量に出たことには我ながら驚いた。

使いかけの調味料や洗剤なんかは、みかろうの実家に送ることになっていたのだが、
液体のものは倒れて漏れる可能性があるので、あまり送れなかった。
今まで使っていたケンシロウのトイレも、廃棄だ。

今考えると、アメリカみたいに「引越しセール」でもやればよかった。

実家が近ければ、ちょちょいと運べるんだけど、
あいにく、みかろうもたいぞうも、実家は遠い。。
もったいないけど、こればっかりは仕方なかった・・

午後になると、台風も去り外はだんだん晴れてきた。
部屋の中から、おおかたのものは運び出されてなくなってしまい
本当にガラーンとしてしまった。

ケンシロウも押入れに布団がなくなってとっても不機嫌だ。
(ケンはいつも押し入れの布団の上で昼寝していた)

日通さんの作業が終了し、自分たちで軽く掃除機をかけた。

それから近所の人に引越しの挨拶に行き、最後に管理人さんに挨拶に行った。

このころには、みかろうの「アメリカ行きたくない!」感情はピークを迎えていた。

ここまできても、まだ現実感が沸かないのだ。
自分がこれから海外で暮らすなんて信じられない。
このお気に入りのマンションともしばらくお別れ。。
携帯も解約しちゃったし、もう誰とも連絡がつかない。。

管理人さんの前で、みかろうは目を真っ赤にして挨拶していた。
管理人さんもビックリしてたみたい。
そしてそんな私に1番ビックリしてたのは、夫のたいぞうだった。

ケンシロウをキャリーバックに押し込み
スーツケースなどの手荷物を車に積んで成田へ向かう間。

みかろうは思いっきり泣いていた。
今となっては何がそんなに不安で悲しかったのか分からないのだが
やはり私は気の弱いA型なのだ。

M田を過ぎ、横浜の風景が見えてくれば
「この素敵な風景を見るのは今度はいつなんだろう?」

ベイブリッジやレンボーブリッジを見ると
「ベイブッリジやレインボーブリッジを次に見られるのはいつなんだろう?」

東京ディズニーランドが見えてくれば
「さよならニッポン」と悲しんでいる・・・

泣いている自分に酔っていたとも言う(笑)

でも、この転勤で1番大変だったのは、ケンシロウだったんだよね。
このお話はまた今度。

SEE YOU(^o^)丿


 
サラリーマンはつらいよっ 30
2002年07月15日 (月) | 編集 |
7月15日(月)

今日は買いだしの日。

ご近所への引越しの粗品

これは日本の分とアメリカの分、
計10個くらい買ったかな。
アメリカ人も大好きだという
「ヨックモック」のお菓子を買ってみた。

プレステソフト

「ウィニングイレブン6」
「ときめきメモリアルGIRL’S SIDE」
「鬼武者2」
soft.jpg



ときメモに関しては、B’zが主題歌を歌っているというだけの理由で購入。
そして今シアトルではまっている(笑)

以上、買出しは終了!!

今考えると、
もっと他に買っておくものがあったよなーーと思う。

これから渡米する予定の人がいるなら、
是非みかろうに一言かけてほしい。
きっといいアドバイスができると思うよ。

夜はたいぞうリクエストのラーメンを食べた。
「うめーうめー日本はやっぱうめーよ!!」と言いながら食べている。

大げさだなーって思ったけど、今になると気持ちが分かるかな。
日本のものってやっぱ美味しいよ。

さて、いよいよ明日はM田とサヨナラする日だ。






 
サラリーマンはつらいよっ 29
2002年07月05日 (金) | 編集 |


こんなに大変なのに、全部1人でやらないといけないなんてーー

こんなに不安なのに

「いいなーアメリカ。羨ましいよー」
「きっとすぐに英会話はペラペラになるよー」
なーんて言う親や親戚、友達にも腹が立っていた。>今はそんなことないよ

でも自分が反対の立場だったら同じことを言うに違いない。。
ここは我慢我慢・・・

でも、その我慢にも限界があり、
みかろうの怒りは、たいぞうに向かった。>すまん、たいぞう

たまにアメリカから「どお?」と、
のほほん(←そう感じた)と電話してくるたいぞうに
「本当に面倒!!行くの嫌だ!」と何度愚痴ったことか・・

あまりの私のヒスぶりに、たいぞうも殺気を感じたのであろう。
私の渡米に合わせて、
たいぞうも一時帰国し、私と一緒に渡米することにしてくれた。

「お迎え帰国」ってやつだね。

ケンシロウを1人で連れて行かないといけない、と思っていただけに
この申し出は本当にありがたかった。

しかし3ヶ月も別居していた、たいぞうと再会したら
どんな気持ちになるんだろう?なーんて、考えたりもしていた。

そして、2002年7月14日(土)の夜。
たいぞうが3ヶ月ぶりにアメリカから帰国した。
なんだか太ったような気がする。

たった3ヶ月でこうなるなんて。。。
恐るべし、、アメリカ、、、

さて、たいぞうにとっては久しぶりの帰国とはいえ、
渡米は7月17日(水)
かなり切羽詰っている。。

スケジュールはこんな感じ

15日(月) マンションの管理をお願いする不動産屋と最後の打ち合わせ
日本で最後の買い出し
日用品、本、プレステソフトなどなど。。

16日(火)引越し、朝から日通さんがやってきて梱包・荷物だしをはじめる
隣近所へ転出の挨拶、
マンション管理人へ挨拶、
引越しが終った後、成田空港近くのホテルへ宿泊
  
17日(水) いよいよ渡米!!
見送りに滋賀県在住のたいぞうの両親と、
みかろう家族(千葉県在住)も来るらしい。

たいぞうは、久しぶりの日本の暑さにクラクラしている。

でも「日本のテレビは面白い」と喜んでいる。
道を歩いても「あーー日本語だぁぁ」と喜んでいる。
外でご飯を食べると「やっぱ日本は美味しい」と喜んでいる。
車を運転すると「あ、日本は左だっけ。。」と戸惑っている。
(レンタカーを借りたのだ)

やっぱり日本のほうがいいの?と聞くと
「シアトルもいいとこだよ。特に夏は最高だよ」と答える。

本当なのかなー??





 
サラリーマンはつらいよっ 28
2002年07月02日 (火) | 編集 |


はい、まだまだやることはございます!!

1.銀行などの住所変更

銀行に、アメリカへ引越しすると言ったら、
海外への住所変更は受け付けてない、って言われたの。
日本国内の親戚などの住所に変更してください、って。
そいで銀行からの郵便物は
その親戚から転送してもらってください、だって。
ケチくさーい。なーにが「国際化」だよー
人のお金を預かって運用してるんだから
海外に転送くらいしろよなーーと
普段から銀行に対して不満を持っているみかろうはムカムカしてしまった。
どうもカルシウム不足らしい。。

2.光熱費、電話、新聞、NHKなどの解約手続

これは各会社に電話するだけだったんだけど、
ガスだけは立ち会わないといけないんだよね。
電気や水道は「7/17 AM12:00に止めてください」と言って終わり。
未払い料金については、銀行口座から引き落としするか
集金に来るということだった。
ちなみに、みかろうは日本の口座は閉鎖してないので
銀行口座から引き落としてもらうことにした。

NTTに関しては、基本料金を払い続けるなら
電話番号もそのまま取っておいてくれるんだって。
でもそこまでして今の電話番号にこだわってなかったので
とりあえず「休止」にしてもらった。

携帯電話については、ギリギリまで使いたかったので
出発日前日に解約しに行った。

3.引越しますハガキの作成

普段会っている人や、メールがある人には
既に転勤の話は伝えていたんだけど
その他の人たちへの連絡も兼ねて「引越しハガキ」は作らないとね。
アメリカから郵送するのはお金がかかっちゃいそうだし
日本にいるうちに出しちゃおうって思ったんだ。

4.市役所での転出届

これもねーー
本当にビックリしたんだけど。
転出先の住所欄に、アメリカの住所をきちんと書いたら
「アメリカの住所は記入しないで結構です」って言われたんだよね。
それじゃあ、転出先はどうなるの?って聞いたら
「アメリカ合衆国」だけ。
州の名前も入れないんだって(~_~;)
これじゃーいくらでも逃亡できるじゃない(笑)

それで、市役所関係も、
こんなにコンピューター化が進んでる時代なのに
はい、市民課の手続はこっちで、
税金関連の手続は、二階へって。。
窓口があっちこっちにある。
そのたびに「あのー実は今度、海外へ転勤で・・」と説明しないといけない。
面倒くさいったらありゃしない!!
経済大国ニッポン!!
これじゃあいかんぜよ!!

5.最後の引越しの準備(飛行機便&国内保管&廃棄など)

7月16日に、マンションから全ての荷物を搬出する。
家電品については、欲しい人がいればあげることにした。
というのも3年も電源を入れないと、壊れちゃう可能性があるから。
車は、たいぞう兄が欲しい、といい
わざわざ大阪から車を取りにやってきた

6.渡米日前に宿泊するホテルの予約

7月16日には、布団を含め、
マンションから全ての荷物がなくなってしまうので
成田空港近くのホテルに泊まることにした。
本当は猫も一緒に泊まれるホテルを探したのだが
やっぱり全然ない。
仕方なく、ケンシロウは成田空港近くのペットホテルへ(T_T)
私たちは「ホリデイイン」に泊まることにした。
どちらともインターネットで検索し、予約した。
本当にネットってありがたい。

7.その他もろもろ。。。

アメリカでは売ってないだろうな、と思われるような日本製品の買出しなど。
みかろうは、巨乳の国アメリカには、
みかろうサイズのブラジャーがないに違いない、と思い
下着を大量に買い込んだ。
あ、今、笑ったでしょ??
ふーんだ!!

終ってしまえば大したことないのだが、
こうゆうマジメなことをやりつつ、
送別会と称する「飲み会」を毎日開催していたみかろう・・

暴飲暴食
睡眠不足

30を過ぎた身体には、かなりこたえた。。






 
サラリーマンはつらいよっ 27
2002年07月01日 (月) | 編集 |


まだまだやることはある。


忘れちゃいけないのがビザ申請。
アメリカに90日以上滞在するには、
必ずビザが必要なんだよね。

アメリカのビザって、いろいろな種類があって、
今まで海外に全然興味のなかったみかろうにとっては、わけ分からん・・

とりあえず、みかろうの持っている本にはこれだけの種類が書かれてあった。

B-1 商用目的ビザ
B-2 観光目的ビザ
F-1 留学生ビザ
M-1 留学生ビザ
E-1 駐在(貿易家)ビザ
E-2 駐在(投資家)ビザ
L-1 駐在(管理職)ビザ
H-1 専門的な学位を持っている人のビザ

この情報は法律で変更されることが多いので
詳しい内容はこちらで確認してみてね。

そいで、うちのたいぞうは、部下が1人もいないというのに
なぜか管理職ビザの L-1なんだよね(笑)
で、私はその妻なのでL-2ビザを取得するんだって。

会社によっては、
後から行く妻のビザは
「自分で取ってね」
っていう、冷たいところもあるらしいのだけど
幸いたいぞうの会社は、
私のビザもちゃんと手続をしてくれたので楽チンだった。

パスポートと写真と、
以前もらっていた「ビザ申請用紙」に必要事項を書いて
たいぞうの会社に送るだけ。



このビザ、出発3日前に、届いたんだよね。
visa.jpg

ビザが出なけりゃ行かないで済むのに、、って思ってたのに残念。
この期におよんでも、まだアメリカ行きたくない病のみかろう。。。

どうしようもないですなーー



 
サラリーマンはつらいよっ 26
2002年07月01日 (月) | 編集 |


渡米までラスト3週間。
やらないといけないことはたくさんある!(前回と同じ書き出し・・笑)

次は国際免許の取得。
警視庁が運転免許関係諸手続というHPを開設しているので
詳しくはこちらを見てほしい。

必要なものは以下のとおり

1.外国に渡航することを照明する書類
(パスポート、旅行計画書、などなど)
2.運転免許証
3.写真(5.0×4.0)


一応、M田市は東京都なので、申請できるところは

江東運転試験場
鮫洲運転試験場
府中運転試験場

この3つのうちのどれかである。
M田からはどこも遠いのだが、
仕方なく大田区の鮫洲運転免許センターへ行った。

横浜線で東神奈川まで30分。
そこから京急に乗換え40分。
歩きと乗換え時間も入れたら、
2時間近くかかった・・(^^;

試験場の受付で、国際免許を取りたいことを言うと
国外免許証交付申請書をくれて
2階へ行け、と言われる。

申請書に必要事項を記入し、2階へ・・・

1番端っこに「国際免許」の窓口を見つけ、
申請書と、写真、パスポート、免許証を提出する。

そして待つことたったの5分!!

立派な国際免許が出来上がっていた。

seattle15.jpg



これでアメリカでも運転できる。

ただし、この国際免許の有効期間はたったの一年。
だからアメリカで車を運転するためには、
いちいち日本に帰国して国際免許の更新手続をするか
アメリカの自動車免許を取るしかないのだ。

これがまた一苦労だったのさぁ。。。(T_T)
(アメリカの免許取得の話はまた別の機会にね)


 
サラリーマンはつらいよっ 25
2002年07月01日 (月) | 編集 |


渡米までラスト3週間。
やらないといけないことはたくさんある!
まずはケンシロウの渡米準備。

(これは以前、日記に書いたので、既に読んだ人は飛ばしてね)

人間の勝手で、何も知らないケンシロウを
何時間もかけて遠いアメリカへつれていくんだもの。
できるかぎりケンシロウのストレスにならないように運びたいものだよね。

まずは「検疫」の準備。
動物を海外へ運ぶとき、
検疫を受けないといけないことは聞いたことがあったが
具体的に何をすればいいのかサッパリ分からない。

とりあえずネットで動物検疫所のHPをチェック
そして即効、電話してみた。
するとアメリカの場合、
検疫に必要な書類が、州によって違うので、
まずはアメリカ大使館に確認してくれ、という。

アメリカ大使館のHP
さっそくアメリカ大使館に電話すると
「Hello」
やばっ、、英語だ・・・(^^;
しかしここは日本なのだから、
「もしもし!」と強気で日本語で話してみる。
すると「はい、もしもし」と返事がくる。
良かった。。日本語分かるんだ。。。

猫を連れて、ワシントン州シアトルに行くことを伝えると
必要な書類を教えてくれた。

「狂犬病予防接種証明書」
「輸出検疫証明書」

予防接種証明書は獣医さんでもらえるし、
輸出検疫証明書は、検疫所でもらえるらしい。

ここで猫を飼っている人は分かると思うのだが、
日本では、猫に「狂犬病」の予防接種を義務付けていない!
義務付けられているのは「三種混合ウイルス」といって、
猫の伝染病を予防する注射だ。
もちろんケンシロウも「三種混合ワクチン」の予防接種は受けている。

でもアメリカ(ワシントン州)では
猫も「狂犬病」の予防接種をしないといけないらしい。
嫌がるケンシロウを獣医まで連れていって、
「狂犬病」の注射を打ってもらい
証明書を発行してもらった。
syomeisyo.jpg




この「証明書」を持って
ケンシロウを、出発日に、成田空港内の検疫所に連れて行き、
そこで「輸出検疫証明書(英文)」を発行してもらう。
そうすれば、晴れてケンシロウをアメリカへ連れていける。

アメリカでは書類さえ揃っていれば、動物の拘留期間がないので
その日のうちに一緒に連れて帰れるらしい。
反対に日本に帰国するときは、
最低でも2週間成田に拘留されてしまう、とのことなので、
過保護なみかろうは今からそのことを心配している。

ケンシロウを飛行機で連れていくときは、
手荷物で客室に持ち込めることになった。。
この手荷物扱いにするには、重量制限があって、
キャリーボックスと合わせて7kg以内(2002年7月 NWの場合)でないといけない。
ケンシロウはまだ3.8kgしかないので、余裕で大丈夫だった・・ほっ
キャリーケースは布製のソフトケースでないといけないので、
それも買い換えた。
12,000円の出費!
kago.jpg



離陸時には、ケンシロウごと、キャリーバックを
シート下20cmのところへ入れないといけないらしい。
そんな狭いところに押し込まないといけないなんて、
過保護なみかろうはこれまた心配で心配でたまらない・・

ケンシロウは飼い主に似て「内弁慶」なので
うるさく鳴くことはないと思うのだが、
具合が悪くならないか、とても心配・・

あーー可哀想に・・・
飛行機なんて人間だって嫌なのにねーーーー
頑張ってねーケンちゃんっ!!

あ、ちなみにケンシロウの渡米費用は会社では出してくれなかった。(当たり前??)
出発当日に、39,000円払わされた。ぶー 凸(`、´X)

ケンシロウだって家族なんだから
旅費くらい出してくれたってええやん!←はい、私はネコ馬鹿です。。