猫とB'zをこよなく愛する主婦のひとりごと。 ただいま2度目のアメリカ転勤中。日本大好きなのになぜにまたアメリカ?!の愚痴多めのブログなのでご注意を<(_ _)>
仕事のこと8
2006年11月30日 (木) | 編集 |

こんにちわ。
みかろう@ハローワークに行って来ました~!です。>短期とはいえ仕事が決まったのでね(^^)

いやー寒いですねぇ。。
こんなに寒いのに、来週からお仕事。。(しくしく)

でも、夏の遠征のため、愛するケン&レイのご飯のため、
あたしゃがんばりますわよっ!
冬がなんぼのもんじゃーーーかかってこーい!(ウソです)

えー仕事のこと。今日で最終回です。

だから簡潔に簡潔に(笑)


アメリカで経理をやる!という目標を持って2002年7月に渡米しましたが

そんな目標、一週間でなくなりました。>早っ

もうね、打ちのめされたんです。

現地の人たちの英語の早さに・・・(^^;;;
(ここらへんの詳しい話は、別館シアトルライフの渡米後をお読みくださいませ)

TVでマリナーズ戦を見てても
聞き取れるのは「イチロースズキぃ」のみ←英語じゃないし(笑)



「最初は誰だってそんなもんさ」と、
がんばって見知らぬ学校にESLの申し込みをしにいったりしたんですけどね。



日本だったら5分もかからないで終わることが
言葉が不自由だと、数倍の時間がかかっちゃうんですよ。

何度聞きなおしても分からない

日本の人気TV番組「はじめてのおつかい」ってあるじゃないですか?
あの子供と同レベルなんです。

働くとかそういったレベルじゃないんですよ。

アメリカの生活に慣れるので精一杯(笑)

それでもシアトルにいる間は、学校にも通ってたんですけどね。
とてもじゃないけど働くレベルまで上達はしませんでした。
これに関しては自分の努力が足らなかった、、、そう言わざるを得ません・・(^^;;

で、すっかり目標を失って、呆けた時期もあったんですが
その膨大な何も目標のない時間が、

私の人生にとってはすごくいいものだったんです。

結婚してから休む間もなく走り続けてきて、
自分的にちょっと天狗になってるとこがありました。

専業主婦なんてつまらないとしか思っていなかったのに、
シアトルで出会った人たちが楽しそうに主婦していて
それが妙にかわいらしく見えました。

「もう32歳だよーー」と思って渡米したのに、
シアトルの雄大な自然に囲まれていると「まだ32歳じゃん!」と思えました。

これ以外にも、本当にいろいろたくさん!!
シアトルでの生活は、私にとってとても良い分岐点でした。

だから、帰国したとき仕事あるだろうか?って不安も、
渡米前に比べるとあまり感じなくなってたんです。

まあ、なんとかなるだろう、と。

こんな幼稚園レベルの英語でもなんとか生活できたんだから
日本語が通じる日本で、なんとかならないわけがない!って。

で、帰国。

幸いにも派遣の仕事が見つかり、
3年以上のブランクに不安はありましたが、なんとかなりました。

分からなければ日本語で聞けばいいんですもの。幸せでしたよ(^^)



で、まあいろいろ理由があって
帰国後初の職場は辞めてしまい、今に至るわけなんですが、、、、、、


ここまで仕事の話をつらつら長々と書いてきたわけはですね。

こうやって振り返ってみると
どれもこれも、今の自分に必要だったんだなーって思うんですよね。

どこで何をしてても その時間は無駄になんかなってないんですよ。

だから、今何かで迷っている人は

あんまりあれこれ考えないで、
自分の思ったことをしてみるのいいかもしれないです。

自分がやりたいって思ったことって、
なんとかやり遂げられるような気がしますし。

やってみて「私には向いてなかった」ってことになっても
そしたら次を探せばいいじゃん。
向いてなかったって分かっただけでいいじゃんって。
>私の税理士事務所のように(^^;;


で、今の私がどうしたいか、というと
家事が相変わらず苦手なので、
家事との両立を考えるとパートタイムが自分には向いてると思っています。

何気に「専業主婦」というのも捨てがたいんですが、
経済的な理由でそれは無理です。あはは。

今後も経理のお仕事を続けるかも分かりません。
40歳記念とかわけ分からないこと言って
全然別の仕事に飛び込んじゃうかもしれません(笑)

それでも、自分の人生なんで
笑って過ごしていきたいです(^^)


最後になりましたが、夫たいぞうのこと。

実は、シアトルで一番見直したのは、
たいぞうの仕事への取り組み方 なんです。

いや、ほんとにね。

クソ真面目で、
頑固で、
会社は俺が背負ってるんだみたいな顔して働き続けている夫なんですけどね。

仕事に関しては本当にがんばってるなーーって思うんですよ。

私のようにふらふらしてなくて、地に足付けて踏ん張ってる。

正直すぎて出世とかしなさそうだけど
たいぞうの人生だもん、それでもいいんじゃないかなーーって。

それに私がフラフラいろいろなことに挑戦できるのも
世帯主のたいぞうくんががんばってくれているおかげですものね。

たいぞう、本当にありがとよ。
メインの家事は私がやるからこれからもがんばっておくれね(^^)


あ、もちろん見直したとはいえ、たいぞうへの不満は次々に出てくるので
愚痴るのを辞めるつもりはないですよ!ご安心くださいませ(笑)



ってなわけで、本当に長々と読んでいたいただきありがとうございました。
最後は「のろけ?」みたいな形になってしまい申し訳ない。
でも、今の私の素直な気持ちなんで書き足してみました(笑)

明日から12月です。
風邪などひきませんよう、暖かくしてお過ごしくださいね。

明日は「THE okan 2006秋」をお送りします(笑)>乞うご期待!!
>くみちゃーん、この題名いただいたわーーー♪

仕事のこと7
2006年11月29日 (水) | 編集 |

こんにちわ。みかろう@短期のお仕事(派遣)決まりました!です。

昨日、実は面接だったんですが、とんとん拍子に話が進みましてね。
来週から働くことになりました。
とはいえ、3ヶ月間の短期なので、春くらいにまた失業予定です。
まあ、のんびり頑張ります(笑)


それまでにこの「仕事のこと」を終わらせなければ・・・(^^;;
楽しみにしてくれている人は、何人になったんでしょう??
>20人を超えると数えられなくなるやつ。。


昨日の日記に、暖かいコメントありがとうございます!

「トイレごときで辞めてるんじゃないよ!このすかぽんたん!」という
批判コメントがくるかな、と思っていただけに

「トイレは大事だよ(^▽^)」という肯定的なコメントが多いことに驚き感謝しております。

でもね、本当に当時は悩んだんですよ!!(笑)



実際、個人事務所で働いている人たちはたくさんいるわけですし
そんな小さなことで不満を持っている人にお会いしたことがなかった。

最初、たいぞうに軽く言ってみたら
「はーー?!そんなの我慢できるだろー?!」とあきれられ
やっぱり私はわがままなんだ、と落ち込んだりもしました。

だからね、友達にも相談できなかったんです。
あきれられるのが怖くて・・・

でも、どうにもこうにも身体がついていかなくて
母に電話で愚痴ったんですよね。。。
トイレがこうでつらいんだよね、と。

すると母が「辞めたらぁ?」と一言(笑)

救われましたね~

なんでも母も若い頃に同じような経験をしたらしく
「私なんか一週間で辞めちゃったわよーーあははは!」と笑われ
「なんて素敵なDNA!」と感涙しました(笑)

で、9月に税理士事務所を辞めてから、
もう絶対に綺麗なビルで働く!!って思ったんです。

社宅時代は無理だったけど、
M田からなら「都会(ここではY浜や23区内を指す)」にも通えるし。

大企業の経理だとしても
何も分からないのにやっていた独身時代とは異なり
基本が分かった上で、仕事してるんだから悪くないよなぁ、、と。

大企業って、確かに歯車の一部って感じだったけど、
トイレは綺麗だったなーーー(笑)

今は、ランチコンパなんていう素敵なものもあるらしいよ(←いやあんた結婚してるから 笑)

で、至った結果が

「よし!!丸の内復帰だ!!」←単純(笑)

さっそく、丸の内周辺の求人が多そうな 
某スリーダイヤ系の派遣会社に登録。

何件かお仕事の紹介があり、よし!面接だ!って話になったときに
たいぞうのシアトル転勤が決まったんです。
(詳しくは ホムペの 「サラリーマンはつらいよ!」を読んでね


なんか、このときはいろいろなことがぶっ飛びましたね。

たまたまそのときの私は失業中だったけど

たとえば、税理士事務所を続けてたとして、
仕事が楽しくて仕方なかったんだとしても
たいぞうの転勤についていくんだよな、、って。

いや、もちろん
最近は奥さんが仕事のためについていかないパターンも多いんですよ。

それに、たいぞうが働いていてくれるから、
私が失業しても食べていけるわけですし。

でもなんていうのかな。。。

「妻」の立場としては、ついていくのが望ましい。
でも「みかろう個人」としては、どうなんだろう?って。

渡米は来年。ということは、みかろうは32歳。
3年か5年という話だから、帰国するのは35歳か37歳。

当時31歳だった私からすると、
35歳や37歳ってのは未知の世界で

求人情報も「35歳くらいまで」って限定しているものばかりなので
帰国したときにまた仕事に就けるのだろうか?という不安がすごくあったんです。

なぜか「母親になる」という考えは全くなく(笑)

どちらかというと、
たいぞうしか知り合いのいないアメリカで、私が暮らしていけるのか??ありえねーーー(T▽T)

と不安ばかりの毎日でした。

だから「サラリーマンはつらいよっ」にも書いてますが
他の人から「おめでとう!」と言われるのにはすごく抵抗がありました。
(←他意がないのは分かっているのにひねくれてたんですね。ごめんね、みんな)

特にたいぞう母が
「ええなーええなーお母さんも行きたいわーーみかろうちゃんラッキーやなーうらやましいわ~」と
電話で何度も言ってくるのには本気でむかついて

「じゃあ、お母さん、一緒についていってあげてください」とか言っちゃったような気がします(鬼?)



たいぞうの人生に合わせないといけないのか??
私には私の人生があるんだよ!私だって頑張ってきたんだよ!!って
妙に思ってたんですよね>若かった。。ははは。

でもまあ「アメリカで暮らす」という、
なんとも素敵な響きに惹かれていた自分がいたことも否めないわけでして。

それこそアメリカで暮らせば英語がペラペラになるっ!って
信じて疑わなかった自分がいたことも確かでして。←甘いよね~(笑)



だからいろいろ葛藤があったにしろ、
ついていくことに決めたんですよね。

で、私は目標がないと生きていけない女なので、
アメリカでも目標を持とう!と思い
いろいろ調べた結果、到達した目標がこれです


「アメリカで経理をやる!!」


もうね、恥ずかしいったらこの上ない(^^;;

でも、当時は本気でそう思っていて、
駐在妻でも働ける法律がちょうと施行されたのもあってかなり調べたんですよ。
そのために大使館に問い合わせ電話もしましたし。


「アメリカで経理をやる!」


まあ、なんて素敵な目標かしら。

アメリカ人は引き算が出来ないっていうから>差別だよね(^^;
多少英語が不自由でも、
マッハのスピードで電卓を打つ私を「お~ぐれーと!」とか言って雇ってくれるかもしれない>本当に甘い

シアトルという街はどんななのか知らないけれども、
なんかいいことあるかもしれない。

35歳か37歳で日本に帰国したとしても

「わたくし アメリカで 働いておりましたのよーーおーほほほほほほほほ」>誰?

と人材会社で高笑いしている自分を思い浮かべちゃったりして(笑)

はっきりいって単なるミーハーですよね。

こんな目標を持って渡米した私は、
思い切り打ちのめされるわけなんですよ(^^;;;

次回はそこらへんのことを書こうと思います。

本当に長いですね。ごめんなさいね(笑)



追伸
シアトル、既に雪だそうです(^^;;
滅多に雪が降らない土地なのに雪が降っているということは。。。
今年は寒いってことかしらん??
ちなみに、元私が住んでいたところの気温は 
マイナス6℃!?うげーー

Bellevue

シアトル在住の諸君!!事故らないように気をつけてくれたまえ!



仕事のこと6
2006年11月28日 (火) | 編集 |

こんにちわ。
みかろう@やっぱり義母は強烈だった、、です(^^;>この話はまた後日(笑)

えー大好評(?)の「仕事の話」!!

どうやら20人の方が楽しみにしてくれているようなので(また増えた!)
続きを書かせていただきます。

っていうか、今回はある意味「オチ」かもしれません・・・(笑)



まずは税理士事務所へ転職しようと思った経緯です。

前回書いた「某外資会社」

ここの会社の社員さんって
「転職を重ねている人たちの集まり」だったんですね。

人材会社(派遣ではなくあくまで社員)に登録しておき
もっといい待遇の会社が見つかれば、すぐにそちらに転職してしまう。

1年間在籍している人を数えたほうが早いくらい。

ころころころころ変わっちゃうんです。

でも、そうやってどんどん待遇のいい会社へ移っていく人たちは
それだけの実績と自信があるからで、それがとても格好よく見えました。

で、私の場合。

経理業務がなかなか面白くて、それならもっと税金とか給与とか、
そういった、ちょっと特殊なものもやってみたいなと興味が出始めたんですね。

そこらへんも出来るようになったら、
仕事に困ることはないだろうな、とも思いました。

そんなときに見つけた求人。

「某S市の税理士事務所」

給料は落ちますが、私も既に31歳。。

殺伐とした雰囲気の会社より、
ほんわかした個人事務所で経理を極めるのもいいかもしれない、と応募。

これまた見事に受かってしまい、8月からそこで働くことになりました。

元の会社は、去るもの追わずな会社だったので(なにしろ転職の嵐)
引継ぎだけすれば後はおさらばです。

で、休む間もなく、
すぐに税理士事務所での仕事が始まりました。

始まったんですけどね。。。。


あたしゃ、経理のプロになる!!と鼻息荒くしていたというのに>そうゆう年齢だったんだよね


たったの一ヶ月で辞めてしまいました(^^;;;



理由ですか??

は、、、はははははは、、もう言ってしまいますかね。。。


一番の理由は。。。


トイレが男女共用で

1つきりだったのがダメだったんです。。。(爆)>しかも汚かったのーーー



そ、そんなことで?!って

特に男性は驚くかもしれませんが
もう、どうしてもダメだったんです!

全部で5人くらいの事務所だったんですが
そのメンバーでひたすら帳簿を作るんですね。

たまに外出している人はいるものの、

仕事の80%は事務所で座ってやる仕事なので
同じメンバーが机を並べて、もくもくと作業。

で、肝心のトイレは事務所と同じ敷地(廊下とかじゃなく同じ部屋内)にあって

「男女共用」だったんですよ。。。

だから、変な話、

席に誰かいないってことは、その人はトイレに行ってる、ってことで

その人の帰りが遅いと、

あ、、もしや「う○ち」かな??と勘ぐっちゃうんですよ(笑)>んなの、私だけかもしれないけど。

特に男性がなかなかトイレから出てこないと、
そのあとしばらくトイレに行きたくないんです。

女性のう○ちの匂いはなんとか我慢できますが

好きでもない男性のう○ちの匂いはかぎたくないんです(T▽T)>馬鹿ですか?そうですか・・



プラス、自分がう○ちをしたいときにも、
妙に気を使うようになってしまい

もう少し時間をかければ出そうなのに(笑)

これ以上トイレにいたら「みかろうさんう○ちしてる」って思われちゃうわ、って状態で(爆)

もうね、小学校でう○ちできなかったのと同レベルなんですよ!!!>馬鹿ですか?そうですか。。


で、お腹を壊していた日があったんですが
何度もトイレに行けないから(目立つんだもん)、ギリギリまで我慢して

トイレに入ってからも音漏れしたら一生の不覚とか思うと
もう冷や汗流れてきちゃって、つらいつらい(^^;;

その日は昼休みになったとたんに
「お昼は外で食べてきます!!」と走りましたよ。。。近くのデパートまで(T▽T)

あとトイレ掃除が女子の仕事だったのも嫌でしたね~~

自分ちのトイレだって滅多に掃除しないのに>え?
こんな汚い事務所のトイレ掃除は嫌だーーーーって(笑)>ほんとスイマセン

で、トイレだけのせいではないと思うんですが
だんだん本気で体調が悪くなり(笑)

もうこれは「担当(*)」を持つ前に辞めるしかないと決意。

(*担当:一人につき数社の取引先を担当。そこの帳簿を作成し税務申告までしてあげるのがお仕事です)


かといって、退職理由が「トイレが1つだから」なんて、さすがの私も言えません。

別の理由を一生懸命考えて辞めさせていただきました。

この場を借りて、謝ります。

事務所の皆様、本当にご迷惑おかけしました<(_ _)>



で、肝心の仕事ですが、
なにしろ一ヶ月で辞めてしまったので(^^;;

見習い業務だけで終わってしまいました。

ほんのちょっとだけかじった程度なので、
質問されても分かりません。。。

今まで、どの会社も長期で働いていた私なので、
この税理士事務所を一ヶ月で辞めることにしたときは、
自分のわがままさにへこみました。

その事務所の人たちが皆さん良い人たちだったので、
余計に申し訳なく思い、
その事務所に行く電車や駅には、なるべく近づかないようにしました。

でも、ここで分かったんですよね。

私ってわがままで贅沢なヤツだから、
トイレが一つだけの個人事務所は駄目なのね、って(^^;;

2001年9月、、みかろう31歳のころでした。。。

つづくぅ (え?まだ続くの?! 笑)

京都に行ってきました!
2006年11月27日 (月) | 編集 |

おはようございます。みかろう@昨夜帰宅しました!です。

せっかくコメントいただいていたのに、
すっかり放置してしまいすいません<(_ _)>

金曜日から昨日まで、
関西に住むたいぞうの実家に帰りがてら、
京都の紅葉を堪能してきました。



今日はこれから家事をやっつけないといけないので
16人の方が楽しみにしてくれている(増えた増えた!)
「仕事の話」はまた後日にさせていただきます<(_ _)>

コメントの返信も落ち着いてからやりますので、しばしお待ちくださいませ。

ってなわけで、簡単に京都の写真だけ貼っておきます。
(クリックすると写真が大きくなりますよ♪)


すごい綺麗でしたよ(^^)


<嵯峨嵐山・渡月橋付近>

午後になったら人人人!!(^^;
お昼ごはんは別のとこで食べたほうがいいですよ。
Pict0031_5←嵐山 もこもこしてて可愛い



Pict0029_5たいぞう


<仏野念仏寺>

ここは嵯峨野でも、かなり上のほうにあるので、
比較的空いています。

Pict0040夏に灯火するらしい





Pict0049_1 Pict0038_1 Pict0051_3



Pict0043_1凛とした竹林
Pict0046_2 6面仏





<落柿舎>

ここは入らないで写真だけ撮ってきました(^^; 拝観料が馬鹿にならんのだもん・・

Pict0053 Pict0055



<常寂光寺>

私が一番好きなお寺。

とにかく紅葉が綺麗なんです!(T▽T)
お近くの方、ぜひ行ってみて!!



Pict0056_1 Pict0063 Pict0064_1 Pict0065_1



嵯峨嵐山におさらばし、電車に乗って・・・


<東福寺>



ここは紅葉で超有名なお寺。
京都駅から一駅という好立地!
その分、人がすごい!!(笑)
Pict0069_1通天橋を逆から撮影
Pict0071_2通天橋から見下ろす紅葉は本当にすごい!
Pict0072_2 Pict0074_1 Pict0079_1



東福寺からバスに乗って・・・

<清水寺>

ライトアップされているお寺を拝観。私のデジカメではこれが限界(^^;

Pict0086_1



翌日

車で「比叡山・延暦寺」へ>歴史好きにはたまらん。。



Pict0095 比叡山より琵琶湖を・・・寒い寒い



Pict0099_1 Pict0101 Pict0103_3 Pict0104_2 Pict0106 Pict0107 Pict0109 一打50円




紅葉とお寺って、妙に合いますよね(^^)
日本人の美的センス、大好きですヽ(^o^)丿



京都周辺にお住まいの皆様
ぜひお出かけくださいね。ほんと綺麗です♪

仕事のこと5
2006年11月23日 (木) | 編集 |

おはようございます。
みかろう@明日からちょっと遠出!です。

さてさて、
「どこまで続くんだ?!仕事の話!?」って状態になってきましたが(^^;;
少なくとも11人の方が楽しみにしてくれているようなので(増えてる増えてる 笑)
また続きを書かせていただきますね。

今回は、「ようやく経理事務編」です!


お世話になった某電気メーカーを離職した1998年12月。

簿記2級に受かったとはいえ、
経歴は某大手企業での売掛金担当と、
某大手メーカーでの「歩くなんでもや(雑用係)」。

これで、ほんとに経理の仕事に就けるのかしら??

はなはだ不安ではあったのですが
とりあえず他の派遣会社に登録してみることにしました。

最初は以前と同じように、
「ああ、大企業での経理ですかぁ、、」と渋い顔をされたんですが
その後の資格欄に「簿記2級」と書くと、いきなり扱いが良くなりました。

「簿記2級持ってるんですね??それなら問題ないです!!
なるほどーこんな大きな会社さんで、経理を5年以上も。。。。(^▽^)」

同じ経歴でも、簿記の資格を持ってるのと持ってないのではこんなに反応が違うんですよ!
これには唖然としました。

それから意外と知られてないかもしれませんが
「経理事務」として登録するには、
派遣会社でも簡単な簿記のテストを受けるんですね。

結婚当初は受けさせてももらえなかった経理のテストをここで初めて受験。

ぷっ 簡単~(^m^)>3級レベルなのです

無事にテストで合格点を取り、経理事務として登録成功!

「派遣会社に経理事務として登録する!」という目標が
2年半の歳月を経て、ようやくかなったわけです>小さいなーー(笑)

そんな調子で3つほど派遣会社に登録。

といっても、相変わらず超不便な社宅住まいのままなので、
勤務地の制限は厳しいままです・・・(;▽;)

やっぱ仕事ないかなぁ。。
社宅なんて大嫌いだぁぁぁ・・>なんでも社宅のせい



年が明けて1999年の1月後半。

おーじんじの派遣会社から仕事の紹介がやってきました。

総人数 20人足らずの小さな会社の経理事務。
そんな小さいくせに、外資系。
だから時給がとってもお高いとのこと>1800円でした。

そんな時給いただいてよろしいんでしょうか?と
どきどきしながら詳細を聞いてみると、

勤務地がなんと「新宿」!!(^^;;

いや、無理です(T▽T)>社宅だから



ところがよくよく聞いてみると、
その会社は4月になったら、M田へ引越しするので
新宿まで通うのは3月までだというんですよ。

2ヶ月ちょっとくらいならなんとか新宿まで通えるかもしれません。

うん、おいらがんばるよ!!!

で、今思えば、おーじんじの派遣会社は超適当で、

ほんとは、
●●の経験がある人、
とか、
▽▽の経験がある人、って話だったのに

「だいじょうぶ!だいじょうぶ!入っちゃえばこっちのもんだからっ!」みたいな状態で

お調子者の私も、

「経験はないけど、某大手企業で細かい大量の数字をたくさん見てたので大丈夫です!」と
面接でしっかり自分をアピールし

当時28歳だった若いピチピチ笑顔で、
面接してくれた男性社員(未来の上司)にニコっと笑いかけておきました。

おーじんじ会社の押しが利いたのか、
28歳の笑顔が利いたのか、

私は見事に何人かの候補者の中から選ばれ(笑)、
次の週から新宿に通うことになったのです。

新宿まで通うのは大変でしたが(2時間くらいかかるときあった)、
それも2ヶ月ちょっとだけのことで、なんとかクリア。

4月からはM田だったので、
バスは相変わらずでしたが、新宿よりははるかに楽ちんでした。

で、仕事!!

あーーこれが経理なんだぁ、、って感心しました。

大きなものから小さなものまで。

お金が絡むものは、すべて経理を通るんですよね。

某大手電機メーカーでやっていた経理は、
ほんの一部分だったということも、このときに実感しました。

なるほど!これが「経理の日常業務」なんだぁ!!

もちろん最初からなんでも出来たわけではなく、
私はその会社の上司と先輩にいちいち質問してました。

「これってこれでいいんですか?」
「これはここで間違ってませんか?」

一緒に仕事をした経理の先輩(♀)の教え方が上手かったのも幸いし>ありがとう

自分で言うのもなんですが

まるでスポンジが水を吸い込むように(笑)、
経理業務を覚えていくことができました。

勉強だけで終わっていた経理が、
今度は実践できたわけですから、本当に楽しかったんです。

ああ、こんな面白かったのかぁ?経理って・・(T▽T)



その後、私はその会社で正社員にしてもらえ、
一時期たいぞうよりも高給取りだったこともありました>たいぞうには内緒(笑)

その会社に勤めているころに、M田マンションを購入し、
M田マンションへ引越しもしました。
(詳しくはホムペのマンション購入記を読んでくださいね)

最初は20人足らずだった小さな会社も100人くらいに膨れ上がり
忙しいっちゃ忙しいけど、仕事内容は相変わらず嫌ではなく

経理でも、もっと上のレベルをやってみたいな、なんて欲望も生まれました。

で、辞めたんです。自ら。その会社を。

派遣社員時代からトータルすると、その会社には「2年半」いたことになるんですが
意外と楽しかった「経理」というものの頂上を見たくなっちゃったんですよ。

そう、私ったら、

経理の王道 「税理士事務所」 へ転職することにしたんです!!(もちろん正社員)


31歳の夏のことでした。


最終回までもうすぐ(かもね?) つづくぅぅぅ!

仕事のこと4
2006年11月22日 (水) | 編集 |

おはようございます。
みかろう@昨日は3人でワインを3本!です。。うぃーーダルイ~(^^;;

さてさて、「仕事のこと」

自分でも

いつまで続くのか?
オチは何にするのか?

まったく考えないままスタートさせてしまったんですが(^^;

読んでくれている人(コメントくれた人)が、
少なくとも7人はいるんで(笑)

続きを書かせていただきます♪


前回は簿記の学校に行くまででしたね(^^)
今回は、結婚後初のお仕事です。


96年6月。簿記3級に合格したころ、
派遣会社から仕事を紹介する電話がかかってきました。

社宅から徒歩で通える某大手電気メーカーの事務!

「徒歩」ですよ!「徒歩」!(T▽T)感涙

不便な社宅に住んでいた私にはすごい朗報でした。

もちろんその時点で経理事務としての登録は出来てませんから、
そこの会社での仕事は一般事務。
とある精密機器を開発している技術屋さんのアシスタントというお仕事でした。

これが、なかなか物珍しかったというか、
工場ってこんななんだ?って感心したというか

一言では言い表せません(笑)

いろいろな製品の評価結果をグラフにしてみたり
試作品を作る準備をしてみたり、などなど。。。

仕事内容は「一般事務」というより
いわゆる「雑用係」だったような気がします(笑)。

たとえばですね、
「書類を別の課の○○さんに届けてきて」といわれて、
届けに行くんですが

工場なんで、とにかくだだっ広いんですよ。

延々と歩く歩く歩く!(;´◇`)ハァハァ

A棟からC棟に移動してエレベーターで3階に昇って、
C棟3階からD棟へ移動して、
D棟では2階に下って、そこからようやくG棟へつながる。

プレステのダンジョンのような複雑怪奇な建物でした(笑)

もちろんデスクワークもあって、
ここで、EXCEL、WORD、POWER POINTを
ある程度使えるようにはなりましたが

なんだか妙に歩いていることが多い職場でした。(ローラースルーゴーゴーが欲しかった!)

で、この会社でフルタイムで働きながら、
週に3回は会社帰りに簿記の学校(2級講座)へ行くのも続けていたんですが

11月に2級が受かったときには、
もう経理じゃなくても、この職場に長くいてもいいかなーーって思うようになってました。

社員の皆さんは穏やかで親切だったし、
通勤を考えると、社宅から徒歩で通えるってベストだし。


でもね、やっぱり「渇いて」きちゃったんです。。。


簿記2級に合格し、都会M田に行く必要がなくなってみると

私の人生、社宅と会社の「徒歩」での往復。。。

途中にある店は相変わらず「いなげや」のみで

いいのか?それで?!みかろう@26歳!?
なんて思うようになってきちゃったんです。

で、そのころ、なんか「たいぞう」とギクシャクしていて

「私はきっと離婚する。そうなると一人で生きていかなきゃいけない。
そのためにはきちんと次につながる仕事しないと」って思い始めましたし

「10万円以上かけて簿記2級取ったのに、
それを生かせないのももったいないよなー」と思ったのもそのころです。

とはいえ、
今現在「不便な社宅」に住んでいるという事実は変わらないわけで

経理の仕事したいけど、
社宅から通える範囲で探すなんて不可能じゃないか?とも思ってもいて・・・

結局、、、ダラダラダラと、、
その会社に28歳までいました(笑)>2年半いた

「来年29歳になってしまう」と思った1998年に
「転職するなら20代のうちだよな」と、ようやく辞める決意ができました。(今思うと若いよね 笑)

「派遣社員」とはいえ、
本当に楽しく仕事させてもらった某電気メーカーさん。
この場を借りてお礼を。

「本当にありがとう。今でもおたくの製品を買う努力をしているよ(^▽^)」

で、ようやく、、、、ようやく、、、
私の経理事務としてのお仕事がスタートするわけです。

長くなったので続くぅ (爆)>>>本当に長い~


追記

この職場で初めて「旦那の名字」で仕事をしました。
みんなが私のことを「旦那の名字」で呼ぶのが面白くて仕方なかったです。

仕事のこと3
2006年11月20日 (月) | 編集 |

みかろう@とうとうコタツを出しました!!!です。

さて、好評(?)の「仕事のこと」、今日は3です。
(だから先に 1 と 2 を 読んでね)

でですね、、、、、

社宅の最寄り駅「H本」を「えっちぼん」と読む人がいましたので(笑)>Cず!おまえだっ!
今回から、社宅の最寄り駅は「橋M」にさせていただきます>バレバレ


派遣会社で経理事務として登録してやる!という
意味不明な目標を掲げ(笑)

簿記の学校に行くことにしたわたくし。

「ケイコとマナブ」で学校情報を調査。
(何度も言いますが、当時はまだネットは発達していないので、情報はすべて紙ベースだったんです!)

なにしろ土地勘のない私なので、
唯一行けた「都会:本A木」の学校に行こうと考えました。

すると、たいぞうが「なんでM田にしないの?」と聞いてくる。

M田ってどこ?近いの?と聞くと

「ここらでは一番の都会だよ。橋Mから電車で15分くらいじゃない?」とか言いやがる

都会だと?!!なんでそうゆう大事なことを早く言わないのさ!スカポンタン!(byドロンジョさま)

で、ケイコとマナブを見てみると、
M田には、簿記の学校がたくさんあるんですよ。

その中で一番授業料の安い学校をピックアップし
説明を聞くために、さっそく都会:M田へ行ってみることにしました。



バスで橋Mまで出て、そこからY浜線でM田まで。

駅を出たら、またもや興奮しましたね~



東急に大丸!!
おおお!??ま、ま、丸井だよーーー(T▽T)>地元:T沼にもあったので好きだったのです

この時点では、まさか自分がこの街に住むことになるとは、まったく思わず
ただ、なんて素敵な街なんだ、、、都会だーーとうっとりしたことを覚えています(笑)

で、学校へ行き、
本当は3級だけでいい、と思っていたんですが、

「就職のためなら2級まで取ったほうがいい。
今はキャンペーン中(いつもキャンペーン中の某D校)だから授業料もお得だし!」と強く勧められ

押しに弱い私はすんなり「3級&2級パック」を申し込みました。>退職金使った♪

とりあえず6月のテストに向けて、
週に2回、3級の勉強開始です。

バスで駅まで出るのは面倒でしたが
社宅で暇と格闘してるよりははるかにマシで

学校に行くと、同じ目標を持ってる仲間がいるのも心地よかったです・・・・

で、簿記のお話。

5年10ヶ月も経理部にいたというのに、
なんとなく簿記ってとっつきにくい印象があったんですよ。

経理用語って難しいじゃないですか??

貸方とか、売掛金とか 損益計算書とか(^^;;

経理事務として登録したい!ってだけで申し込んだ学校だったんですが
果たして私って簿記できるのか?って不安があったんです。

で、勉強しはじめたら、、、、

意外なことに、楽しかった んです!

初めて、某大手企業でやっていたことが分かった、っていうか。

なんていうんでしょう?

断片的な記憶が全部つながって、
視界がぱーーっと開けるような感じですよ。

ああ、アレってこうゆうことだったんだぁ?
なるほど、こいつはそうゆう意味だったのねぇ?

もっと難しくて、細かい数字ばかりの嫌なものだと思っていた「簿記」が
蓋を開けてみたら「パズルみたいなもの」だったことも判明。

見た目怖いけど、優しい人っているじゃないですか??>スラムダンクのゴリとか?

そんな感じだったんです。

だんだんバスにも慣れてきた私は

学校以外の日は、
派遣会社でEXCELやWORDの勉強をさせてもらうことにしました。

とにかく社宅にいるのが嫌で嫌で仕方なかったんだと思います(笑)

たらればを言い出すとキリがないですが

もし社宅に住んでいなければ私は簿記の勉強をしようと思わなかったし
EXCELやWORDも適当に終わらせていたような気がするし

もっといえば、ホームページなんて作ってないと思うんですよ。



そうゆう意味では、
社宅に感謝しなくてはいけないかもしれないです(笑)

ありがとう!社宅!ふぉーえばー>もう二度と帰らないけど!

で、6月に簿記3級が見事に受かったころ、
派遣会社から一件のお仕事を紹介されました。

長くなったので、続きますぅぅぅ (いつまで続くんだ?おい 笑)

仕事のこと2
2006年11月19日 (日) | 編集 |

おはようございます!
みかろう@昨夜はボジョレーで悪酔いです(^^;;



えっと、楽しみにしている人が何人かいてくれるようなので
昨日の続きでも♪(読んでない人は昨日のブログからどうぞ)



最初の会社を寿退社して、
たいぞうと結婚したのは、1996年2月のことでした。

好きな人と一緒にいられるなんて素敵~
専業主婦万歳~~ヽ(^o^)丿

と思ったのは
おそらく、2週間もなかったですね。

一言で言えば

「つまらなかった!!!」んです(笑)

結婚して住み始めた社宅ってのが
同じ関東地方とはいえ、実家からえらく遠くて
当たり前だけど、近くに知り合いなんていないわけですよ。

回りは 「畑」 ばーーーっかりで
唯一あったのは「、いなげや」という小さなスーパーマーケット一軒きり。
(詳しくはホムペの社宅伝説を読んでくださいね)

最寄の駅である「H本」まではバスで行くんですが
このバスが一時間に一本しかないときてる・・・

そこで、夫のたいぞうがちょっとは気を使えばいいのに
結婚してからも彼の生活は全く変わらず・・・>バカヤロウ

朝は7時前に家を出て、帰ってくるのは夜11時半過ぎ。
しかも、週末まで仕事に行ってしまうんですよ

当時は、

インターネットも普及してなかったし
携帯電話だってウルトラ警備隊みたいなやつで持ってる人少なかったし
プレステも持ってなかったし
猫だって飼ってなかったし
本屋やビデオ屋も近くにないし、
車はたいぞうが会社に乗って行っちゃうし、で

んな不便で何もない社宅に放っておかれた私は 

「何をして1日過ごせばいいんだーー?!!馬鹿野郎!!」と絶叫しまくってました。

いや、この時期が私の暗黒ですよね。>このときの恨みはいまだに消えません。怖っ

で、あまりにヒマで具合が悪くなった私は

結婚して早1ヶ月後には、
「やっぱ働く!やってられん!」と宣言しました。

とはいうものの、
そこらへんの地理を全く把握していない私なので
就職活動しようにも、どうしていいかサッパリ分からないわけです。。。

まだインターネットも普及してなかった時代。

求人情報なんて、
ハローワークか、新聞広告、とらばーゆなどの求人情報誌にしか載ってないんですよね。

社宅の周りに本屋もないし、
仕方なく、わざわざバスに乗って、
「とらばーゆ」買いに行きました(T▽T)>往復500円

で、とらばーゆを見ると、やっぱり派遣会社がいいみたい、って思いまして

そしたら、「本A木」ってとこに、
PソナとかMンパワージャパンとかあるって分かって、登録しにいくことにしました。

千葉っ子の私にとっては「本A木」なんてとこも未踏の地なわけで・・・



バスでH本まで出て、
S模線っていう電車でE老名まで行って、そこで小田Q線に乗り換え。

S模線って電車は、いまどきボタンでドアを開閉するんですが
そんなことはちろん知りませんから
E老名で降りようとドアの前で待ってたらドアが開かないんですよ。

なんで?とおろおろしていると、
後ろのおじちゃんが、私の頭上から腕を伸ばして乱暴にボタンを押してドアを開けたんですな。

知らねえよ、こんなシステム!!(怒)と、あまりの衝撃に震えがきたりしました(笑)



で、そんな感じで本A木に着いたのですが、驚きましたねー都会で♪

結婚してからというもの、畑といなげやしか見てなかったので
久々に見る、ビルの群れにわっくわくしちゃうんです♪

っていうか、泣けました。こんなことで喜んじゃう自分に(笑)

帰りはパルコに寄っていくぞーーなんてルンルン気分で派遣会社へ行き
今までの経歴を書かされたんですが、ここでまたもや衝撃の事実がありました!

私の経歴だと、経理事務として登録できないっていうんです。

大企業の経理ってのは (昨日も書きましたが)
大人数すぎて経理の一部分しかやってないんですね。

私の場合は、売掛金のみだったらしく(そのとき知った)
しかも、簿記の資格も持ってないんじゃ、ほんとどうしようもないんだそうです。

ってことで、登録できたのは「一般事務」のみ。

これは、正直へこみました。

私の5年と10ヶ月の仕事はなんだったの?って。。。。

いや、今なら分かるんですよ。あの経歴じゃ経理事務は無理だって。。

でも、そのときはやっぱり本当に悔しくて
経理事務で登録できなかった、って事実が
私のプライドに火をつけたんですよね。

絶対に「経理事務」として登録してやるっ!!!(笑)と誓いました。

この時点で経理事務をしたい、という気持ちは全くなくて(^^;
ただ単に、「派遣会社を見返してやるっ!」という
「負けず嫌い根性」だけだったのが笑えるんですけどね。

で、本A木の本屋さんで、
「ケイコとマナブ」を買って、学校を探したんです。

学校に行く!と宣言したときも、たいぞうは驚いてましたね。
いちいち驚かないで欲しいですよ。まったく小さなオトコですよ、、ふふふ


ってなわけで、長くなったので、続きますぅ!!!>すいませーん、長引きます~(笑)

(あれ?今回は仕事のことひとつも書いてないですね。。。すいません(^^;)

仕事のこと
2006年11月18日 (土) | 編集 |

こんにちわ。
みかろう@今日はボジョレーヌーボーを買いに行こう!です。

今月末で(頼みの綱だった)失業保険の給付が終わってしまうため
何気に求職活動をしはじめてます。

ってなわけで、お仕事の話でもしようか、と。

今でこそ「私は経理できます!」と胸を張っていえてますが
実は私は 短大は「国文科」(^^; 

数学大嫌い女だったんです。(もっと言えば英語も大嫌いだ!)


短大を卒業して、某大手大企業に就職が決まったときは
はっきりいって、お気楽OL生活を送る気満々で

かっちょいい(←これ大事)営業マンのアシスタントをし、
取引先に書類を届けて、帰りにこっそりお茶して帰って、
勤務後は銀座で合コンして
25歳くらいで結婚相手見つけて、幸せに暮らしました♪

とまあ、こんなOL生活を期待していたんですよ>どんなOLじゃ?

ところがなぜか配属されたのは、経理部で(^^;
簿記のぼの字も知らない私がなんでやねん?と
途方にくれたのを覚えています。

で、簿記のぼの字も知らなかった私が経理を出来たか、というと
それが出来ちゃったんですよ。

なにしろ大きな会社だったので
経理担当だけで、何百人もいたんですね。

その何百人の中の1人になった私は、
今思えば経理のほんの一部分だけをやらされていたわけなんですが

とりあえず電卓叩いて、専用端末にインプットすれば、
勝手に仕訳してくれる、って状態だったわけで・・

だから簿記の知識がなくても、仕事に支障は全くなかったんです。

そんな仕事内容で、
自分の課には「おじさま」しかいなかったんですが

でも、やっぱり最初にいた会社の生活は楽しかったです。

あのころだってたくさん愚痴ってましたが
今、思えば本当に楽しかった。

20歳~25歳。女の「蝶よ花よ」の年代。
たぶん、チヤホヤされてたんでしょうねぇ・・

彼氏もいたし(笑)

それで結婚も決まって、
寿退社するのがすごい楽しくて。

今でこそ「育児休暇してから復活」する女性も増えましたが
あの時代は結婚したら退職していくのが普通だったんですよ。信じられないことに!

で、当時の私は、
もちろん流れに乗っかり、結婚と同時に退職。

仕事もそれなりにやったし、いいんじゃないの?って感じでした。

愛する旦那様のためにご飯を作り、愛する旦那様のために洗濯をし
休日は2人で一緒に出掛け、数年後に可愛い赤ちゃんが生まれて。。。

まあ、ここまで夢見てたわけではないんですが(笑)

ほんと、若かったなーーって思います(笑)

でも、結婚ってそんなスウィートなものじゃなくって、
今に至るわけですが、、、(大汗)


えー長くなったので、続きますぅぅ!!

お楽しみに!(←楽しみにしてくれる人がいるか謎)

花モチーフカード
2006年11月17日 (金) | 編集 |

おはようございます。
みかろう@今日は超早起き!です。

先日の日記で 私がケンシロウにいたずらしてた「お花」って何?
という質問を頂きましたのでちょいと説明。

先週、完全無欠のクラフターtatomaoさん
お買い物しにいったのね。

そのとき、taromaoさんにつられて買ってしまったのがこれ

061107_135301

毛糸で作る「ふんわりポーチ」のキット。

なんと破格の315円!
061107_135302

買ったときは

「かぎ針」でモチーフを編むんだろうな、できるのか?私に?と

思いながら帰ったんだけど、

袋から出したら、見慣れないものが入っていて・・・

説明を読んでみると、
誰でも簡単に綺麗な花モチーフが出来るカードと書いてある(かぎ針なんか使わない!!)

061107_135402


で、さっそくやってみたんだけども

家庭科2の私でも 本当に簡単に出来るの!!

毛糸をカードに順番にひっかけていくだけ♪いやん、リリアンみたい~
061107_140001

途中、ケンシロウに邪魔をされながら・・・
061107_141701

もちろんレイにも邪魔されながら。。。
061107_142501



完成ヽ(^o^)丿

061107_142401 061107_143701



で、、、本当は、

一緒に入っていた布で中袋を縫い、
この毛糸モチーフを合体させてポーチにするらしいんだけど。。。


中袋 製作 失敗!!(´・ω・`)


ダメなのよ。

縫い物って。

裏表とか中表とかいまいち理解してなくてさぁ。
スナップも、きちんとつけられないのよね(^^;;;>超苦手


ってなわけで、ポーチになれなかったこのお花モチーフは

私のいたずら道具になったというわけだ。

061107_163101_2



でも、このお花作りは面白かったので、
不器用だけど、ちょっと手作りしてみたい♪って人にはオススメかも!!


楽天でも売ってたよん。

クリックすると商品説明



ではでは~(^^)ノ