FC2ブログ
猫とB'zをこよなく愛する主婦のひとりごと。 ただいま2度目のアメリカ転勤中。日本大好きなのになぜにまたアメリカ?!の愚痴多めのブログなのでご注意を<(_ _)>
歯医者に行きました
2018年04月25日 (水) | 編集 |
みかろう@TOKIOどうなるんだろう?です。

晴れ
気温 H 13℃ L 2℃

今日は医療費の話をば。

前々から噂には聞いてたんですが
アメリカという国は医療費がとんでもなく高い!!

なるほど、こうゆうことだったのか、と
ようやく分かったので書いてみようと思います。

数か月前の話なんですけど
とある歯に違和感あり。

で、重い腰を上げて
歯医者さん(日本人)に行きチェックしてもらったんです。

aa07-10.jpg

レントゲンとって、一本一本チェック

結果、違和感のあった歯を始め
詰め物がかけちゃってる歯や
かぶせたものの中で虫歯になっている歯も発見

少なくとも4本は治療が必要とのこと
(歯磨いてるのにかぶせたものの中で虫歯になっちゃうんだもん。嫌になる)

でも、すぐに治療開始ではないんです。

なぜなら「保険会社」がどこまで負担してくれて
自己負担額はいくらになりそうなのかを確認してからでないと
おいそれと治療してください、とは頼めないんです。

そもそも国民健康保険が無い国です。
それぞれが民間の保険会社に加入している状態なので
保険の種類によってまちまちなのです。

なのでまずは歯医者さんが、
治療項目を書いた見積もりを作成。
その見積もりを、うちが加入している保険会社に送信。

見積もりを受け取った保険会社はその内容を精査し
この治療は100%負担出来る、
こっちの治療は50%負担出来ると歯医者に連絡

治療費用-保険会社負担=自己負担額
がここでようやく分かるので、この時点で
私宛に見積書が届くという流れでした。

で、本当に
目玉が飛び出る自己負担額でした(^^;

まず根本的に違うのが
治療によって保険カバーしてくれる割合が違うってこと

同じ歯でも この治療は50%負担できますよ、
この治療は80%負担できますよ、と。

これはそれぞれが加入している保険によって
全然違うんだと思います。

具体的に私の例を書きますと

1、最初の虫歯チェック(レントゲン含む) 100%
2、歯のお掃除 100%
3、小さな虫歯治療 2本分 80%
4、銀をつめてある歯の治療 50%
5、根っこの治療 80%
6、新たなかぶせもの 50%

100%や80%あるからいいじゃない!って思うでしょ?

さあ、それでは
具体的なお値段を書いていきましょうか。。
(正確なお値段ではありませんが、だいたいこんなお値段でした)

1、最初の虫歯チェック(レントゲン含む) 200ドルくらい 100%負担なので 自己負担額は0 
2、歯のお掃除 100ドルくらい 100%負担なので 自己負担額は0
3、小さな虫歯治療 2本分 500ドルくらい 80%負担なので 自己負担額は100ドル
4、銀をつめてある歯の治療 1000ドルくらい 50%負担なのでなので 自己負担額は500ドル
5、根っこの治療 1500ドルくらい 80%保険負担なので 自己負担額は300ドル 
6、新たなかぶせもの 1000ドルくらい 50%負担なので 自己負担額は500ドル
---------------------------------------------------------------------
治療費合計4300ドル 
自己負担額 1400ドル

今って1ドル110円くらいですか?
保険会社に負担してもらっても 
15万円以上かかるんですよ(^^;

虫歯4本です
根っこの治療があっても
日本では1万円も払わないくらいです
(保険適応外の白い歯入れたらかかるけどね)

そしてさらに、今回、初めて分かったこと

保険には年間の限度額があるってこと。

日本の国民健康保険って
年間の上限ってないですよね?
(高額だとあるのかな?)

でも、もしあったとしても
歯医者で4本治療したからといって
ここから先は保険もう無いよ、って言われたことないですよね?

ところがこちらのシステム
それぞれが民間の保険会社に加入するというシステムなので
人によって、上限額やカバー額が違うんです。

たいぞうの会社が入ってる保険だと、
歯科治療は年間1500ドルまでしか使えません

1500ドル 16万円くらい
結構あるやない、と思うでしょ?

でも、そもそもの治療費が高いので

1、最初の虫歯チェック(レントゲン含む) 200ドルくらい 100%負担なので 保険負担額は200ドル 
2、歯のお掃除 100ドルくらい 100%負担なので 保険負担額は 100ドル
3、小さな虫歯治療 2本分 500ドルくらい 80%負担なので 保険負担額は400ドル
4、銀をつめてある歯の治療 1000ドルくらい 50%負担なのでなので 保険負担額は500ドル
5、根っこの治療 1500ドルくらい 80%保険負担なので 保険負担額は1200ドル 
6、新たなかぶせもの 1000ドルくらい 50%負担なので 保険負担額は500ドル
---------------------------------------------------------------------
保険負担額 合計2900ドル

上から順番にやっていくとしたら
4番目まで(計1200ドル)は保険が出るけども
5番目以降を今年やろうとしたら
残りの保険は300ドルしかないんです。

なので、5番目は80%保険負担と書いてありますが
同じ年に全部治療するとしたら、こうなっちゃうんです

1、最初の虫歯チェック(レントゲン含む) 200ドルくらい 100%負担なので 自己負担額は0 
2、歯のお掃除 100ドルくらい 100%負担なので 自己負担額は0
3、小さな虫歯治療 2本分 500ドルくらい 80%負担なので 自己負担額は100ドル
4、銀をつめてある歯の治療 1000ドルくらい 50%負担なのでなので 自己負担額は500ドル
5、根っこの治療 1500ドルくらい 80%保険負担だけど残りが300しかないので自己負担額は1200ドル 
6、新たなかぶせもの 1000ドルくらい 50%負担なだけど保険残りは無いので 自己負担額は1000ドル
---------------------------------------------------------------------
自己負担額 2800ドル

110円計算すると 308,000円!!!!!

無理―

というわけで、こちらでは
どの歯を今年治療して、どの歯を来年に回すか?
どの治療を優先するかという相談が必要なのです。

私の友人、
歯医者のために一時帰国しましたもん
(飛行機代のほうが安い 苦笑)

住民登録した人なら誰でも国民健康保険に加入が出来、
年間の上限も無い日本という国は
本当に良い国だ、としみじみ思いますよ。

海外に住んだからこそ分かる日本の良さですね。

アメリカ人が歯を大事にする理由、、
美のためだけじゃないんだと思います。。
だってこんなにお金かかるんだもん・・(^^;;

関連記事
テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
きりんさんへ
こんにちはー!
歯医者、すごいでしょう?
私も目玉飛び出たもん。
聞いてはいたけど、実際体験すると
心底驚くわ(^^;
歯は大事にしなくては。。
2018/04/27(Fri) 14:49 | URL  | みかろう #-[ 編集]
ひーーっΣ(゚д゚lll)
渡米前に歯医者に行けと言われてたのは
そういうことだったんですね。
たしかに一時帰国したくなりますね。。
歯はツライなぁ>_<
お大事に(ToT)
2018/04/27(Fri) 06:44 | URL  | きりん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可